ハンドメイド販売のコツ

ハンドメイドの参考になるプチプラファッション通販サイトまとめ

投稿日:2017年3月21日 更新日:

ハンドメイドアクセサリーのデザインって最初はサクサク作れても、しばらく作り続けているとネタが尽きて悩んでしまいませんか?

そこでハンドメイド販売サイトで他の作家さんの作品を参考にする人も多いと思います。

ただ、あまり作家さんのインスピレーションを受けすぎると「パクった!」「パクられた!」とトラブルになりかねません。

そんな時はハンドメイドの縛りから抜けてファッション通販サイトからアイデアを貰うのがおすすめ。

ファッション通販サイトを参考にする理由

雑誌よりも早いトレンド収集

みなさんならすでにネットのスピード感を理解されているのではないでしょうか。

先を見越して特集を組む雑誌などはどうしてもネットの早さには勝てませんよね。

ファッション通販サイトはそのメリットを上手く利用していち早くトレンドを発信してますから、旬な素材や柄などを知りやすいのです。

ただ注意して欲しい所として、ハンドメイド作家の流行を優先した作品作りはおすすめできません。

理由は他の記事でも触れましたが、流行だけを追うと価格競争に巻き込まれ個人に勝算が無いからです。

ファッション通販サイトを用いたトレンド収集はあくまで作品を発想するためのスパイスとして取り入れましょう。

お客さん目線でイメージできる

例えばハンドメイド販売サイトで他の作家さんの作品を見たとします。

その場合、単体の作品のみを見ているためクリエイター目線が抜け切れない場合もあるでしょう。

しかし、ファッション通販サイトであればあくまで服が主体です。

モデルの着用画像などを見て「このコーディネートならこういうアクセサリーが欲しいなぁ〜」とイメージできませんか?

これはとてもお客さん目線な発想の仕方なので商売向きだと言えますね。

そのイメージがお客さんにうまく共有されれば、選ばれる可能性はグッと上がるのです。

おすすめのファッション通販サイト

SHOPLIST.com by CROOZ



CROOZといえば、CROOZブログで有名なあのクルーズです。

SHOPLISTというファッション通販サイトも行っており、ブログと連動したプロモーションが特徴。

「夢展望」や「神戸レタス」「aquagarage」「ANAP」などの国内人気ファストファッションブランドを始め、海外ブランド・韓国ブランドなど包括的にトレンドを集めて発信しています。

特定のブランドからヒントを得る場合にもこの通販サイトは便利ですね。

coca



「大人のためのファストファッション」をコンセプトに10代〜40代までと幅広い層をターゲットとしている通販サイト。

シンプルな路線でありながら、ありきたりに見えない個性を感じさせてくれるアイテムの多さが人気の理由でしょうか。

「お金はかけたくないけど、ちゃんとしてたい」という要望に応えてくれるんですよね。

人気タレントをモデルとして起用するなど、アピールも露出も強化しており今後の発展が期待できますね。

Honeys



Honeys?そうです、あのハニーズです。

ショッピングセンターに行くと大体入ってる知名度のあるプチプラファッションの先駆け的存在。

中には子供っぽいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ハニーズ自体は4つのブランドで幅広い年代に対応できる戦略を行っています。

  • GLACIER 働く女性への通勤カジュアルブランド
  • CINEMA CLUB 着まわしのきく大人カジュアルブランド(フェミニン系とナチュラル系の二本柱)
  • COLZA 流行に遊び心を加えたヤングカジュアルブランド(原宿系・渋谷系)
  • Comfort basic 着まわしのきくシーズンベーシック商品

好きか嫌いかはともかく、全国826店舗、中国内に560店舗を持つマーケティング力は伊達じゃありません。

ハニーズはどんなアイテムを揃えているのかチェックしておくことはかなり参考になります。

(ちなみに私はハニーズ好きですよ〜)

Niko Niko



1,000円代から買えるプチプファッションサイトとして有名なニコニコ。

ファッション雑誌での掲載はもちろん、数々のTVドラマや映画に衣装提供している「知る人ぞ知るショップ」みたいな。

それだけ見栄えするアイテムが多くリーズナブルに手に入るため、ハンドメイドのネタ探しのみならず要チェックですね。

WEARやInstagramとの連動も積極的なのでユーザーの好みを掴みやすいのもポイント。

最後に

写真の撮り方もチェック

ひと昔まえのネットショッピングでは洋服なら「服だけ」を掲載していた所が多くありました。

しかし、今は当たり前のようにモデルが着用しています。

お客さんがイメージしやすいことを考えると、着用して撮るのが当たり前となっているのですね。

自分が売りたいハンドメイドもアクセサリーだけを写すよりは実際に身に着けていたほうがイメージが湧きませんか?

さらに言えば、アクセサリーを身につけた人の全体像(コーディネート)がわかるとよりイメージしやすくなります。

  1. アイテムのみのアップ画像
  2. 着用イメージ画像
  3. 着用している人のファッション

1番2番は比較的簡単に出来ますが、3番は全身モデルを誰かに頼む必要が出てきます。(自撮りもアリですが)

まだあまり見かけないので、いち早く取り入れればファンが付きやすいかもしれませんね。

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.