ハンドメイド販売のコツ

ハンドメイド制作をいち早く上達させるための「追い込み」とは

投稿日:2016年3月30日 更新日:

4e554f435e0cf3ca16fa9d69c7ef24a5_mハンドメイド制作を始めたばかりの人は「クオリティが上がったら販売しよう」と思う方も多く、結果的にスタートダッシュが遅れてしまい売れないまま辞めてしまうことも少なくありません。

もし「最終的に販売して稼ぎたい」という気持ちがあるのであれば、商売として「追い込み」をかけることで制作の速度・クオリティの上達が見込めるようになります。

「やらなきゃいけない」状態を作る

自分を追い詰めることで後々楽になれる

例えば・・・

「仕事でやらなきゃならない」となった途端、いきなり熟練度が上がった経験はないでしょうか?

会社の上司から詳しくもない仕事を半ば無理矢理頼まれ、四苦八苦しながらもなんとか形にする。

「もうこんな思い嫌だ〜」と思いながらも、なんだかすごく上達した気がする・・・などなど。

「いつか上手くなったら・・・」という思いで続けても上達スピードはゆるやかなんです。(趣味でやるなら良いんですけどね)

「寝る間も惜しんで没頭する位作ることが好き」という人
「本気でやらなきゃ怒られる!やばい!」という人

前者じゃない場合は、自分自身を後者に追いやる事で急速にクオリティが上がります。

販売して稼ぎたい作家が意識すること

作って一段落ではなく、ネットに商品としてアップして一段落

作品を完成させて一段落では、意識は作品にしか向いていません。

素敵な作品を作る事は大切ですが「販売する」という所にまで意識を向けないといけないのがハンドメイド販売の重要な所

まずは1つ作品を完成させたら、それを撮影、ネットショップに掲載して販売してみる所までを経験してみましょう。

一気に「ネットショップのオーナーになったんだ」という実感も湧き、モチベーションも上がります。

もちろん初期の段階ですぐに売れるなんて事は(ゼロとは言いませんが)ありません。

「注文が入ったらどうしよう」なんて考えるのは早計。

しかし、1年後に作品を初めてアップした作家と、今すぐ作品をアップした作家では「ネットへの浸透度」が変わってくるため決して意味の無い事ではありません。

行動しないと変わらないという現実

先ほどの話を「恋人探し」で考えてみましょう。ほとんど異性と関わりの無い生活をイメージしてみてください。

  1. 1年間とにかく自分磨きをしてから恋人を探す
  2. 街コンなどで積極的に恋人を探しながら、反省も踏まえて自分磨きをしていく

どちらの方に早く恋人が出来そうでしょうか?断然2番ですよね。

ハンドメイド販売も同じように「ここはこうした方が良かったかな・・・」など反省点が沢山見つかります。

1年間の自分磨きが間違っていたら目も当てられません。

軌道修正を図りながら試行錯誤を繰り返して磨かれていく方が遠回りなようで確実だといえますよね。

売れている作家は地道な行動の積み重ね

売れっ子作家もみな地道な行動を積み重ねた結果だと言えます。

今からそんな売れっ子作家と肩を並べるためには悠長にしてはいられません。

作品があるだけじゃダメ、作品を販売して始めて肩を並べ「ライバル候補」になれるのです。

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.