PICK UP!!

Pick Up!!

no image 1
「顔出しいらず」イマドキのチャットレディはスマホ1つで稼げる優良副業

チャットレディと聞くと何を想像しますか? 「何をやっているのかわからない」という人もいれば「アダルト関係の副業だよね、怖い」とマイナスイメージを持つ人もいるでしょう。 しかし、そういうイメージは過去の ...

ハンドメイド販売の疑問

手作り石鹸をネットで販売する際のあれこれ

投稿日:2015年1月20日 更新日:

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

数あるハンドメイドは大体「残り続けるもの」であったりします。アクセサリーでも編み物でもそうですよね。消耗品ではないので、使っても無くなるものではありません。

今回は残り続けないハンドメイド2トップの1つともいえる「石鹸」についての記事です。

使えば無くなる。リピートがある。

石鹸は使えば無くなるので、また買わなくてはいけません。これがポイントですよね。

残り続けるものは一度買えば壊れるか紛失しなければ、同じものを買う事はほとんどないですよね。そういう意味では消耗品というものは結構美味しいジャンルだったりします。

しかし、ハンドメイド石鹸を販売するにあたっては気をつけなければいけないことがあります。

 

薬事法という壁

手や身体を洗う石鹸は薬事法では「化粧品」に分類されます。(化粧石鹸)

それはどういうことかといいますと、化粧石鹸は薬事法の許可を得ないと販売するどころか、プレゼントする事さえも禁止・違法とみなされてしまうのです。

もし石鹸利用者の肌がひどいことになった場合「薬事法の許可は得ている、がしかし・・・」と「許可を得ずに販売した」ではどちらも一定の批判を受けるにせよ、後者はもう言い訳の余地なく地の果てまで追いかけられますよ。

一定の安全基準を満たし、健康被害の抑制という意味ではやはり必要な法なのでしょう。

どうしても販売したい場合は、薬事法に基づいて「化粧品製造販売業」と「化粧品製造業」の許可を得なければなりませんが、これがまた「許可とってきたー!」なんて簡単に言えるようなものではなく・・・

とにかく「気軽」なものではないので、本気でやりたい場合は調べてみてください。

 

抜け道!?オススメしません。

調べてみると身体などに使う事を想定してるだろう雰囲気を持ちながら、台所用石鹸として販売している個人の方もちらほらと存在します。そうです、化粧品ではなく台所用石鹸としてなら販売は可能です。雑貨扱いとなるんですね。

肌に使う事を一切謳わず、台所用石鹸として販売すればとりあえずなんとかなってるそうです。通報されてどうのこうの・・・って情報もありましたが。

でも、そのような販売をしている人のほぼ99%は台所用だなんて1%も思ってなくて、薬事法に触れないために「台所用石鹸」という表記や「肌への使用を意図する説明しない」を徹底しているに過ぎないと思うのです。そこの文言を一切表記できないからこそ、出来る部分でいかに「これは化粧石鹸である」アピールがなされているかといったら中々なものです。

そこまでしてでも売りたい気持ちも理解出来ますし、薬事法についても納得出来るのですが、もしそれで売れても限りなくグレーな商品以外の何物でもない気がします。

例えばですが友人に石鹸をプレゼントしたとしましょう。友人が「これで顔とか洗っても大丈夫?」って聞いてきたら、なんと答えますか?自信を持って「全身使えるよ!」と言えるかどうか・・・。言えるとしたら根拠はどこから。保証は。

肌に使う事を一切謳わないという事を守るならば「これは台所用石鹸だから、どこ洗ってもいいけど自己責任だよ」が正解でしょう。

プレゼントなんてしないにせよ、人体に使用できるかの問いかけに曖昧な返事しか出来ない=後ろめたい気持ちがある品という感じになります。

 

台所用石鹸を極める

とまぁ、ここについてはそれぞれの考えがあり、私的には「気持ちはわかるけど、行動は理解し難い」という事ぐらいで締めくくりまして、見方を変えてみます。

台所用石鹸としてじゃないと売れないのであれば、その名の通り人体以外の使い道をふくらませていってみては?と。食器用であったり、衣類用であったり、お掃除用であったり・・・

成分的な所は知らない上で好き放題書きますが、何かに特化した成分を配合した石鹸で、かつインテリアとしてオシャレな石鹸だったりしても素敵だと思うのです。よく泥汚れとかに使う青い棒状の石鹸(ブルースティック)とか、見た目からして使う気起きないですし、実力は認めますけど。

ということで、手作り石鹸を販売する際には考えないといけない事が結構たくさんという話でした。ちなみに2トップのもう1つはキャンドルです。

販売サイト一覧

 

専門知識不要のネットショップ作成サービス

HTMLやCSSの専門知識がなくても簡単に作れるネットショップ作成サービスは、デジタルに詳しくない20代~30代のハンドメイド作家からも大人気!
まずは無料でチャレンジしてショップ運営に慣れてみよう!

ココナラ ハンドメイド

2017年春、スキルマーケットの「ココナラ」からついにハンドメイドカテゴリーが誕生!
登録・出品料は0円でさらに期間限定で販売手数料も0円!
まだあまり知られていないので、一足早く出品登録したクリエイターは先行利益が得られそうです。
代金の仲介はココナラが行うためネットショップというよりミンネみたいな感じですね。
ネット販売の販路として加えておいても良いでしょう。

BASE(ベイス)

初期費用・月額費用共に無料という驚異的なサービスに加え、ネットショップ自体もサクサク簡単に作れちゃいます。
オシャレなテンプレートも充実していて、スマホが使えるなら問題なし。
あとはあなたの素敵な作品を綺麗に撮影!
もちろんスマホで撮影していつも使うアプリで加工しちゃえば、何も難しくないよね!

easy my shop(イージーマイショップ)

無料版なら初期費用・月額共に0円から運営できるお手軽さが人気です。
最短15分でネットショップが作成でき、同時にスマートフォン用ネットショップも自動作成されます。
また、お持ちのFacebookにもネットショップを表示させることできアピール力も抜群!

名刺を作ろう

 

名刺&ショップカード戦略でお客さんにアピールしよう!

ハンドメイド作家にとって名刺は自分の分身であり、優秀な販促ツールとなります。
プロっぽい名刺やショップカードはお客さんに「売れてる作家感」を出すには最適。
初心者だからと縮こまらずに、自分を大きく見せることがハンドメイド販売に大切なコトです。
【関連記事】名刺持ってる?ハンドメイド作家に必要な名刺ブランディングの重要性
【関連記事】ハンドメイドの委託販売はせずにアピールだけで稼ぐ方法

ビスタプリントのプレミアム名刺

好きなデザインはあっても、文字やロゴの場所が決められてて微妙
でも1から作るのは大変だし、家のプリンター名刺じゃペラペラでいかにも素人な感じが・・・。
だからってプロに頼むほど今はお金をかけられない(泣)
という作家の要望に応えられるのがビスタプリントのプレミアム名刺。
3500種類以上のデザインから選んで、好きな文字を好きな場所に配置!もちろんロゴ画像もOK!
印刷会社だから周りから驚かれるくらいビシッとキレイな印刷で届きます。
価格は100枚で980円から、でも枚数が増えれば増えるほど1枚あたりの値段が安くなるのも魅力。
パソコンから操作が必要だけど、ソフト不要で初心者でも簡単に作れちゃいます。

ショッパーズアイ

ハンドメイドの息抜きに

ハンドメイドも楽しいけど、ずっとやっていると息抜きしたくなりますよね。
私はお小遣い稼ぎも兼ねてハンドメイドの合間にショッパーズアイで覆面調査員をやっています。
覆面調査員とは、商品やサービスを使って簡単なレポートを提出するお仕事。
飲食店やエステの覆面調査から化粧品やダイエット食品のモニターまで色々あるんです。
「毎日決まった時間の勤務は難しいけど、都合の良い時にコツコツ真面目にこなせる」という人にはおすすめ!>>「ショッパーズアイ」に登録して、カンタンお小遣い稼ぎ♪

Pick Up!!

1
「顔出しいらず」イマドキのチャットレディはスマホ1つで稼げる優良副業

チャットレディと聞くと何を想像しますか? 「何をやっているのかわからない」という人もいれば「アダルト関係の副業だよね、怖い」とマイナスイメージを持つ人もいるでしょう。 しかし、そういうイメージは過去の ...

-ハンドメイド販売の疑問

Copyright© Handmade Shop Tips , 2017 AllRights Reserved.