ハンドメイド販売のコツ

ハンドメイドアクセを綺麗に撮るコツは光と

投稿日:2016年6月6日 更新日:

042b171114809cfdb9ff38101411d0d2_s

ハンドメイドのネット販売で避けては通れないのが撮影の品質。

プロのカメラマンに頼むのは現実的ではありませんから、何とか自分でやっている人がほとんどではないでしょうか。

「綺麗に撮れない」そんな時に知りたい「綺麗に撮るコツ」をご紹介します。

綺麗に撮れない理由

光が足りない(光量不足)

室内の明かりで取ると圧倒的に光が足りず、くすんだ印象の出来栄えになります。

プロのカメラマンも光にはかなり気を遣っていますから、ここにクオリティアップの秘訣があるんですね。

お金をかけないなら光が差し込む日中の撮影がおすすめ。

光が差し込まない家であれば、ライトを買うか外で撮るのが良いでしょう。

ディスプレイがしっくりきていない

丁寧に盛り付けされた料理は綺麗で食欲もそそりますよね。

しかし、盛り付けが汚いとそれが美味しい料理であっても「なんか美味しくなさそう・・・」と見えてしまうもの。

要するに写真撮影も盛り付け(ディスプレイ)が大切です。

小物使いや背景などにひと手間加えてあげるだけで格段にクオリティアップが見込めるでしょう。

eb4d6a6ec737a3f559fe9bcf56e8b554_s

小物使いの例

 

もし「白背景のシンプルな感じで撮りたい」というのであれば、やはり光量。

撮影のアングル(角度)にもこだわってみる必要がありますね。

そして、ひと口に白背景といっても微妙に黄色みがかったり、よく見たら布の様な質感のものもあります。

試しに手持ちの白くて無地の服を背景にしてみるのもアリ。

ハンドメイドの材料買いついでに撮影用の布や革を探しに行くのも面白いですよ!

b523bd37b9ce430ab02e99934e4efb40_s

シンプルな例

カメラの品質

最近のスマホのカメラは非常に優秀ですし、十分に綺麗に撮れるスペックです。

しかし「求めている綺麗の基準」が一眼レフカメラのそれであるならば話は別。

上で書いていた「光量」や「ディスプレイ」をまず一番に考慮すべきとは思いますが、カメラを変えるという手段もあります。

アマチュア向けの一眼レフカメラであればお手頃な価格になりましたし、マニュアル撮影を覚えれば表現の幅も広がるでしょう。

もし一眼レフカメラを買う場合

女性であればついつい可愛いミラーレス一眼(OLYMPUS PEN)などに引き寄せられやすいですが、私個人のおすすめはCanonのEOS kissX7。

可愛らしさはないものの、本体サイズは小ぶりで交換レンズも(Canonなので)豊富。

価格も(一眼レフカメラの中では)お手頃です。

綺麗に撮るために

外で撮るのもアリ

室内で撮ろうとすると光量やディスプレイが必要になります。

あくまで場合によりますが、外で自然のモノを小物として撮影するのも1つの手段

少々大きめの公園なら綺麗な自然で溢れているので、そこに作品を置いて撮るだけでも絵になります。

晴れている日なら光量も十分。

下の画像のように木のクラック(割れ目)に指輪をはめて撮影するのも上手い方法です。

042b171114809cfdb9ff38101411d0d2_s

屋外撮影の例

 

自分の作品は綺麗に見せたいですよね。是非参考にしてみてください。

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.