ハンドメイド販売の疑問

ハンドメイド商品を販売するホームページで24時間フリマ?

投稿日:2016年2月1日 更新日:

52c43a77ae5561828d43104c9d599196_s

ハンドメイド作家にとってはフリーマーケットへの出店はお小遣い稼ぎとして気になる存在ですよね。でも冬場は野外フリーマーケットの開催は少なくなりますし、安定的なお小遣い稼ぎとして考えると現実的ではありません。でも、もし24時間365日自分だけのフリーマーケットが出来たら嬉しいですよね。

ネットショップは24時間365日販売できる

ネットショップもホームページの1つという事でタイトルに入れましたが、ハンドメイド作家は自分自身のホームページを作るなら、ショッピングカートがついたタイプ(俗にいうネットショップ)を作成するのがベストです。

ハンドメイド作家の多くは自分自身でハンドメイドネットショップを持ち、24時間365日商品を販売しています。

もちろん中にはネットショップと平行して委託販売やフリーマーケットを続けている人もいますよ!

ネットショップの敷居が下がり、誰でもネットで稼げる時代に

「ネットショップを作るのはお金がかかって、しかも難しい」といわれていたのは昔のこと。

今や月額にして1,000円ちょっとで立派なネットショップが簡単に作れますし、無料で作れるサービスも増えました。このサイトではネットショップ初心者でも基礎的な事を学べる記事を書いていますので、是非見てみて下さいね。

ハンドメイドネットショップ構築サービス(ASP)選びのポイント

フリマアプリとネットショップはどう違うの?

最近流行りのフリマアプリなども多くのハンドメイド作家に利用されています。フリマアプリは運営会社の用意した箱に「売りたい人」がたくさん集うシステムなので、ネットショップをかまえて「自分のお店」として販売する方が知名度を上げる事ができます。

また、構築サービスが提供してくれる独自のショッピングモールなどからの集客・自身のブログやSNSからの集客でより「ブランド化しやすい」というメリットがあります。

日本全国の人がお客さんに

ローカルなフリーマーケットだとその地域に住んでいる人、さらにその一部が足を運ぶという構図になりますよね。さらに「ハンドメイド作品に興味のある人」となるとお客さんが絞られてしまいます。

せっかく高い出店料を払っているにもかかわらず、利益換算するとまったく回収出来ていない・・・というハンドメイド作家も多いのではないでしょうか。反面ネットショップは「日本全国の人がお客さん」となり得ます。

SNSやブログでアピールして集客をすれば「ハンドメイドを買いたい」という購入意欲の高いお客さんを集める事ができ、ショップの維持費も格安です。実際に海外ではひと月に約950万円売り上げるモンスター級のハンドメイド作家が存在します。

月に約950万売り上げるハンドメイド作家「アリシア・シェイファーさん」の記事

この方の売り上げはちょっとレベルが高すぎますが、お客さんの需要を満たした作品を生み出し続ければ月に10万〜100万円以上稼ぎだす事も不可能ではありません。

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.