ハンドメイド販売の疑問

稼げるハンドメイドの売り方は【ネット販売】にアリ

投稿日:2016年2月1日 更新日:

243ba9b995fe43ccab3880221cfee92f_s「フリーマーケットに出店」もしくは「委託販売」でお小遣い稼ぎをしているけどパッとしないハンドメイド作家さんが考えるべき販売方法についての記事です。効率よく長期的に稼ぎたいと思ったら、ネットショップを作ったほうが良いです。

売ったら終わり?残り続けるのがネットショップ

フリーマーケットの一期一会の出会いも素敵ではありますが、モチベーションの維持としてはやっぱりお金という形になると嬉しいですよね。また、作る系の趣味はどんどん増えちゃうので定期的にさばかないといけません。

春から秋にかけては定期的にフリーマーケットに出店していても、顔なじみの出店者さんが増えるのみで売り上げは右肩上がりにならないという事も多いのではないでしょうか?

そんな時にフリーマーケット常連のハンドメイド作家さんにはネットショップという販売路線を考えてみるのもアリです。フリーマーケットでは商品を実際に手に取る事ができますが、お客さんが買ってしまったらその商品はなくなってしまいます。

しかし、ネットショップは写真に残して自分の「お店」に出し続ける事が出来ます。要するに「在庫がなくても受注できる」仕組みにしておけば、より効率的に制作作業を行えますし、在庫過多になることもありません。

「受注製作につき1週間〜2週間程かかります」というような1文と共に写真だけ掲載していれば、そのハンドメイドを気に入ったお客さんから問い合わせをくれる事があるのもネットショップの大きなメリットなんです。

フリーマーケットだと現物販売になるため、とことん同じ作品の在庫を作り、売れなければ余ってしまう(材料費すら回収できない)という商売として赤字になりやすいシステムになってしまいます。これではだんだんモチベーションも下がってしまいますよね。

ネットショップ=ネット上のブランドカタログ

ネットショップという言葉を言い換えると「あなたが発信するブランドのカタログ」とも言えます。

常に新しいデザインや手法を使った商品を作れるのは楽しいですし、それをレシピとして残しておけばいつでも作れるはずです。ネットショップに販売価格と写真を残して受注生産というスタイルを取れば、日本全国の人に在庫なく24時間365日販売出来ちゃうのがネットショップの面白い所。

ネットショップを作るのは難しい?

一昔前はネットショップを作るには月5,000〜数万円、さらに難しいウェブの技術が必要だったりと、一般人には難しい代物でした。しかし、最近は個人のハンドメイド販売が活発化し、多くのネットショップ構築サービスが「お手頃価格で!初心者でも簡単に作れる!」を打ち出しています

具体的にはウェブの知識がなくてもパソコンでクリックと文字入力が出来れば作れるレベルです。後は写真が必要ですが、今はスマートフォンの画質も良くなっているので、スマホを代用する人も多いです。

価格は月額約1,000円程、30日換算にして1日33円程ですが、無料で作れるサービスもあります。それぞれのメリットなどは下記ページを参考に。

ハンドメイドネットショップ構築サービス(ASP)選びのポイント

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.