ネットショップの作り方

ハンドメイドネットショップを増やしたら大変!?

投稿日:2014年12月5日 更新日:

c6660db5da652ac03172ff0e5e06b90b_m

さらにたくさんの人に見てもらいたい!もっとお店を増やせば見てもらえそうだけど、管理が大変かな?たくさん売れてからの方がいいかな?そう思う方は是非必見の記事です。

売れているお店は複数店舗持っている

売れているお店は「売れてから複数店舗」持っている場合と、「最初から複数店舗で展開したから売れている」の2パターンが考えられます。

ネットショップを構築するサービスによって、それぞれメリット・デメリットがあり、それらをカバーするためには最初から複数のサービスを利用するという手法もあるのです。

その際、月額料金がかかる場合はコストがかさみますが、無料でオープンできる所であればコストは気にせず他店舗化できます。

また、商品によってはターゲットとする年齢層や世界観が合わない事がありますよね?そういう時にあえて1店舗に全て詰め込むよりも、複数のサービスを利用して複数店舗運営した方が世界観を崩すことがないのでターゲットに効果的なアピールが出来ます。

管理が大変という点に関しては、全然大変ではありません。お店の数で考えるより、注文数で考えるべきと言えます。

極端な例を上げるとすれば、100店舗持っていても月の注文数が10件だったら余裕でさばけちゃいますよね。逆に1店舗で月500件の注文があったら1人じゃとても回せません。

まずは商品を生み出そう

ショップを複数展開すると、メリットが多いようにも思えますが、些細なデメリットも存在します。例えばターゲットや世界観ごとにお店を分けた場合、1店舗が販売出来る商品数が少なくなります。

ネットショップの世界でもやはり品揃えは重要なポイントとなるため、ハンドメイドクリエイターの皆さんは今よりいっそう商品制作に力を入れないといけません。

とはいえ、商品作りが好きでやっているのであればデメリットでもないかもしれませんね。

1点モノ・オリジナルであることがハンドメイドの価値ではありますが、お客さん目線で見ると「このアクセのこの色があればなぁ」や「もっとサイズラインナップがあれば・・・」という方も数多くいます。

全てを違うデザインで作っていくのは楽しいですが、色やサイズのバリエーションを増やしてそれぞれを商品とすることで、さらに商品数は増えますし、お客さんの悩みもカバーできます。

実際にお客さんと対面して販売する場合は、そのお客さんの声がすぐに聞けるので「ならこの色で作りましょうか?」という提案も可能ですが、ネットショップの性質上「無いなら無いんだ」という考えになってしまいます。

そこで「カラー・サイズは要相談」として書いてしまうよりも、予め複数カラー・サイズの商品をアップしていた方がお客さんに向けて親切な対応とも言えます。なにより商品数が増えるので、賑やかな雰囲気が出ますしこちら側にも悪い事は一切ありません。

このような商品を増やす工夫をしていけば、複数店舗を持つ事はむしろやるべきだと言えます。

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.