ネットショップの作り方

ハンドメイドネットショップ運営の流れ

投稿日:2014年12月4日 更新日:

9f30f99fca22d908579e5c3d259d185a_m

ネットショップの運営の流れを説明します。お店を始める前に、どのように商品がお客さんの手に渡るのか、お店の裏側を知っておきましょう。既にネットショップが立ち上がってから商品が売れたと仮定した説明となります。

ネットショップ運営の流れ

受注管理で伝票等を出す・メールを送る

受注管理画面から購入者の情報をプリントします。プリントしたものはファイルなどに入れて保管しておきましょう。お客さんに受注確認メールを送ります。(金額等の修正があった場合もこのタイミングです)

支払いを確認

支払い方法にもよりますが、銀行振り込みの場合は大体前振込みです。お客さんに伝えた口座へ振り込まれているか確認したのちに発送となります。

商品をピッキング・梱包する

売れた商品を在庫から取り出して発送するための梱包をします。受注生産等であれば、この時点で商品を作り始める必要があります。

発送する・メールを送る

発送手段はネットショップに記載した方法で。違う際には受注した時点で連絡しておくなどの対応を取るとトラブルを防げます。発送したらお客さんに発送メールを送りましょう。追跡番号等もあれば記載すると安心度が増します。

お客さんの手元に届く

発送したら後は特に連絡等必要ありませんが、万が一商品に不備や欠陥の連絡があった場合には丁寧に対応しましょう。売っておしまいではなく、手元に届いて満足してもらっておしまいです。

 

プラスアルファ

丁寧な対応はファンを生み出しやすく、継続した売上を作るためには必要不可欠です。

可能であれば、購入後しばらく経った後に「サンクスメール」を出すのも良いです。「購入からしばらく経ちましたが商品にはご満足頂いてますでしょうか?」といった文面のメールをありがとうの気持ちと共に送ることで「このお店は丁寧だなぁ」と印象がつき、リピートに繋がる可能性が見込めます。

 

ネットも実店舗も同じ

顔が見えないだけで、やりとりやコミュニケーション・アフターフォローという部分では普通にお店を出すのと同じ対応が求められます

今でこそ少ないですが、顔が見えない、実店舗がないことを逆手にとった悪質な業者がいた事で、ネットショップに対する不信感がある人は以外といます。これからお店を始めるみなさんが丁寧な対応をすることで、しだいに不信感を持つ人もいなくなるでしょう。

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

ハンドメイドで儲かる商品を探すよりも大事な視点

Yurin今更感もあるけど副業するぞ!女子ならやっぱハンドメイドかな!? かわいいし!インスタでもよく見るし! Chikaワクワクしてるなか申し訳ないけど、副業を考えるならハンドメイドは厳しいよ。 だ ...

続きを見る

Copyright© Lady's FX Labo , 2019 All Rights Reserved.