Chikaのプロフィール

初めまして、Lady's FX Laboを運営しているChikaです。

「初心者ハンドメイド作家に向けたサイト」として2014年に立ち上げて以降、時代に沿ってコンセプトを変えながら情報発信をしてきました。

長引く不況のなかにある日本ですが、これからもっと厳しい状況が予想されます。

 

そんな中で「個人で動く」ことの重要性はさらに高まっていくでしょう。

1つの会社にしがみついて生きていく時代は終わりです。

家庭を持っている方であれば「家庭を守るには夫婦揃ってお金を生み出すことが大切である」と実感している方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中で趣味と実益を兼ねたハンドメイド販売に希望を持つ人もいるでしょう。

事実、2014年の立ち上げ当初はハンドメイドバブル的な恩恵を受けやすい年代であり、友人もハンドメイドで月5~6万は利益として稼いでいました。

会社の給料は月15万程度、地方都市ではこれが普通の水準ですが、それに加えて月5、6万のプラスは大きいですよね。(もちろん売れっ子なら月◎◎万とかも)

 

そういえば、このサイトの経緯を話していませんでした!(うっかり)

私はそもそもフリーマーケットの在り方(出店者間での暗黙ルールや陰口・値付けの気遣いetc)などを疑問視して「脱フリマ宣言!ネットショップで個人店を持とう!」というコンセプトを掲げたのが2014年。

これがこのサイトの始まりです。

最初は「ハンドメイドショップティップス」という名前でした。

「個人の時代がくる!」と思っているからこそ、ネットを活用した販売経路を考えていたのです。

元々ウェブデザイナーだった私は友人とともにフリマだけの作家を脱出し、ネットショップでの売り上げづくりに奔走していました。

 

そして2016年には「販路拡大宣言!」を掲げ、個人であることを活かした複数のネットショップ展開やSNS、名刺などを積極利用した販路拡大を図ります。

かの有名なフリマアプリ「メルカリ」が黒字化したのも2016年ということですから、このあたりで個人売買熱がグワーッと来たのを覚えています。

この時にサイトへのアクセスがグッと増え数多くのハンドメイド作家さんに参考にしてもらえた実感がありました。

しかし、正直な話をすると2018年の今はハンドメイドそのものが大きく冷え込んでいる実感があります。

現在2018年11月、このサイトを開設した2014年からすでに5年が経とうとしていますから、さすがに一時のブームは影を潜めている部分もあると分析します。

もちろん続けている人もいれば、安定的な売り上げを持っている人もいますが、良くも悪くも「超売れっ子クリエイターだけが生き残った世界」とも表現できるでしょう。

これからハンドメイドを始める人は、作品のクオリティも世界観も研ぎ澄まされたプロ個人と戦うイメージをしなければなりません。

 

「私は純粋に作ることが好きだから、稼ぐとか考えてない」という人もいるかもしれません、その場合、私から言いたいこと・言えることは何もありません。

ハンドメイド作家は材料費や手間暇をかけて作品を生み出すのですから、その作品に対して対価を払ってくれるお客さんを見つけ販売していくことは有意義であると考えます。

私は作家の愛情がこもった作品に価値があると考えるからこそ、価格を付けて販売し、その売り上げで活動を循環させていきたいタイプです。

そして、副業としてお財布にお金を運んでくれるスキルとして考えていくことがこれからの時代を生き抜く力になると本気で信じています。

 

とはいえ精鋭の売れっ子クリエイターが出揃っている今、生半可な行動では「私はあんなに上手くセンスよく作れないよ・・・」と戦意消失して投げ出してしまう可能性もゼロではありません。

あなたは何のためにハンドメイド作家になりたいのでしょうか?

  • 「売れっ子になって承認欲求を満たしたい、チヤホヤされたい」
  • 「副業としてお金を稼いで少しでも生活を潤したい」
  • 「仕事だけの毎日、他に自分らしくいられる居場所が欲しい」

先にお伝えしておくと、これら全ての感情は最終的に「お金を稼ぎたいなぁ」に繋がります。

  • 「副業としてお金を稼いで少しでも生活を潤したい」

これはわかりますよね、そのまんまですから。

  • 「売れっ子になって承認欲求を満たしたい、チヤホヤされたい」→もし人気が出たら稼ぐ事を意識し始めます(というか「人気=稼げている」状態なのでそれを維持・向上させようとする)
  • 「仕事だけの毎日、他に自分らしくいられる居場所が欲しい」→材料費で赤字になるので続けることが負担になります(稼ぐ事を意識したくなります)

※「こんなの暇つぶしだよ、生活に困ってないし」というお金持ちな方だけは例外ですが。

 

 

もう一度、よーく考えてみて下さい!

いま「稼ぐためにハンドメイドをやろう」と思っているなら、それは既に遅い考え方です。

2014年からハンドメイドを見て考えてきた私がこの判断を下したので、適当言っている訳ではありませんよ。

また、今現在売り上げも渋く続ける意欲が低下しているハンドメイド作家さんは一度考え直す必要があると思います。

 

 

じゃあ今後何をしていけばいいのか?ですが、単純に「稼げること」をしていく必要があります。

多くの人は「どうせやるなら楽しく稼ぎたいな〜」という固定観念に縛られすぎているので、ハンドメイドなど「作る系」に流れやすいんですよね。(まぁ私もそうだったんですけど)

ただ、私は色々な副業を通して考え方が変わりました。

「稼げた途端に楽しくなることがある」

偶然でもこの記事を読んでくださった方にはぜひ覚えておいて欲しい言葉です。

「私にはこんな難しいこと無理だよ」と決めつけてやらない人がいるのですが、もし試してみてそれが自分に合っていたら・・・?

 

「わ、稼げた!もっと勉強すればさらに上を目指せるかも!たのしー!」となるんですよね。

この違いがわかりますか?

楽しいと思えることで稼ごうとすると、稼げない時に楽しくなくなるんです。

でも、稼げることを先に据えて挑戦すれば、稼げた時にそれが楽しくなるという不思議な仕組みがあるんです。

「稼げる→楽しいから頑張る→さらに稼げる」という好循環のループになることを本当に本当に本当に知って欲しい。

 

「でもあなたが副業で稼いでるなんて信じられないし・・・」という方もいると思います。

見せた所で信じてもらえるかわかりませんが、私の家計簿ソフト(マネーフォワードME)の貯蓄グラフを特別に見せちゃいます。

マネーフォワードを使い始めたのは2013年頃で、本業と副業の収入をせっせと貯金していった口座の推移です。(副業分は毎年ちゃんと確定申告しています)

こんなの偽造捏造したら大変ですから、もちろん本物。(マネーフォワードは無料で使えるので会員になってみれば同じグラフが見れますよ※パソコンの画面ですが)

2014年ごろに100万円から200万円に行き、しばらくウロウロしていた部分は副業の模索中でした。

とはいえ「稼げることで頑張っていこう」と決意してやっていった結果がコレです。

一部を株式や投信積立に流してみるなど、まだ経験したことのない新しいことも勉強しています。

 

しかし、ネットには様々な情報が交錯しているため初心者のうちは惑わされてしまい疑心暗鬼になりかねません。

何を信じるかは自由ですが、私はいつも「本質(ものごとの核心)」を信じてきました。

「稼げる可能性の高いことに取り組む」ということです。

ハンドメイドは好きですし、その気持ちはいまも変わりませんから趣味としてたまにやることはあります。

しかし「副業」として考えたとき、私はもうそこで頑張ろうとは考えてません。

ハンドメイド副業とそのほかの副業を天秤にかけたとき、稼げる可能性が高いのは「そのほかの副業」だから。

ただそれだけなんです。

 

ハンドメイド関連の記事投稿は減るか無くなると思いますが、今まで書いたハンドメイド記事は残します。

それは当サイトがハンドメイド作家さんを応援したいと考えて書いた気持ちが残っているものだから。

 

そしてこれからは「個人が本業+αで稼いで経験値もお金も倍増宣言」を掲げて副業に関する情報発信していこうと決めました。

サイト名も「Lady's FX Labo」と改名して心機一転、有益な情報発信をしていきたいと考えています。

みなさんの参考になれば嬉しい限りです。

 

Chika

これからもLady's FX Laboをどうぞよろしくお願いします。

Chika

Pick Up!!

1

ついついAmazonで買い物しちゃうんだよね、安いし早いし!Yurin ChikaAmazonチャージなら2.5%ポイント還元でガッチリ得できるもんね! え・・・ナニソレ知らないよ!?Yurin ここ ...

投稿日:2018年11月16日 更新日:

Copyright© Lady's FX Labo , 2018 All Rights Reserved.